雇用統計を前に、ぱっと見テクニカルでドル円の予想を見てみた

こちらに戻ってきて、色々金融情報は入ってきていて
特に雇用統計前だけに株、為替、金、原油あたりは
活発な情報がやりとりされているなと思うわけだけれど、
そういった情報は色々と人々の思惑が入っているので、
思惑が入っていないデータを見ておいたほうが良いと思い、
雇用統計前に、ぱっと見テクニカルでドル円の予想を見てみた。

prime20161006s.jpg


いきなり週足かい、というふうに思うかもしれないが、
雇用統計においては、とりあえず105円を目指そうか、
という動きと、再び103円から104円で折り返し、
100円を目指そうか、という予想が大半
であり、
これはべつにシンガポールでなくても世界中、
そして日本でも結構見られる予想だと思うので、
もっと長い目線を見るのが意外と役立つのでは、
という考えのもと週足を見た次第である。

見る期間としてはかなり長くなるわけだけれど、
これで見て印象的なのは、円安方向に対して、
それほど強い動きを示唆するものがないということ。

実はこれ、結構こちらで情報収集しているときに、
ドル円限界説というか、金利が絡んだ予想において
もう120円とかは当分ないんじゃないか
、という話が多く、
100円を挟んだ値動きになるという予想が多いのである。

これで見ると、一応円安方向に最大動いた場合108円ギリギリ、
というところが見えているけれど、下は88円あたりであり
その値幅約20円
。ドル円の過去の変動値幅からしても
現実的なラインの示唆であることがわかる。

もっとも、ぱっと見テクニカル自体が
過去のデータから現在の変動に近いモノをだしてきて
それから予想する形状比較を採用しているからであり
それゆえに見る価値があるわけだが。

ちなみにエコノミストが予想したものよりも良い部分は、
生のデータというか、誰もこのデータに人間が手を加えていなくて
本当にあった過去の変動をそのまま表示している
という点である。

つまり誰かの思い込みとか予想などが入っていないので
素直にこのデータを元に分析できるという点が優れていて、
プロの間では使って当たり前とのこと。

ちなみにツールの利用は、口座開設さえすれば入金無しでも可能
なのでまだ使ったことがない人は、見て損はないし、
雇用統計で一発儲けてやろうと考えている人も
短い時間軸は変化が多いけれど見る価値はある。

でまあ、ざっくりと見ても105円から90円ぐらいの間で
やや円高傾向に向いているということが分かるので
例えば雇用統計に向けて円安、そして雇用統計後も円安、
となったとしても、105円を超えた水準からは
反落を警戒していたほうが良い
ということがわかる。

こういったことを頭に入れておくと、バカみたいに円安についていって、
ドカーンと円高暴落が起きて大損失を被って退場する、
みたいなことを体験しなくても良いわけで、昔の自分にも
こんなツールあったらなと思う次第である(体験者w)

なので今回雇用統計という目先の指標ではあるけれど、
意外とこういった長期的な予想を頭に入れておくことで
短期的な取引で気をつけるべきことが明確になり、
無理な取引をしなくなるという工夫ができるので
今回雇用統計を前に書いた次第である。

参考になれば嬉しい。

使わないと損!過去データを元に相場を予想!
ぱっと見テクニカルは口座開設のみ、入金無しで使える!

FXプライムbyGMO 詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption/

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2016-10-07 : ・為替長期予想方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。