★複数業者でリピート注文のポートフォリオを組む場合

FXトラリピ・サイクル注文・ループイフダン比較実践検証~1712日目~

昨日こんな質問が来た。かいつまんで書くと、
既にトラリピをやっていて、サイクル注文を始めたいが
資金が分散するのが怖い。うまくポートフォリオを組むには
どういう工夫をすれば良いか。
」という感じの内容である。

業者を複数使うと、その分資金は分散するため
単一の業者でリピート注文をやっている場合に比べて、
相場変動に対するリスクはどうしても高くなって
しまう。

そのため業者の乗り換えを検討するわけだが、
リピート注文の場合既にポジションが残っていると
それを全て決済するのもネック
になるし・・ということで
意外と業者の乗り換えが出来ない人も多いと思う。

そこで今回は、複数業者でリピート注文のポートフォリオを組む場合
乗り換えをする場合、特に最近のように大きく円高に動いたり、
そこから戻したりでポジションの変化が激しく、通常乗り換えも難しい、
という場面で出来る工夫
を紹介する。


まず大前提として自分の資金量と、現在の設定のバランスというか
どの程度リスクを許容できる状態になっているかを確認する必要がある。

つまり現状の設定が既に資金量から見て限界なのに、
資金を分散させては単純にリスクが高まるだけ
になるので
この場合は資金量に対して最適な水準になる設定を目指して
まずは現状の設定を微調整していくことから始めると良い。

この場合、注文量が1000通貨なら値幅を調整、
2000通貨以上ならば全て1000通貨に調整


さらに現有ポジションが解消されていくにつれて微調整を繰り返し、
値幅と注文量それぞれを最適設定に持っていく
ところが
まず最初のスタートとなり、可能であれば未来予想ツールなどで
相場を予想しながらレンジも可能な限り狭くしていくと良い。

設定方法は過去記事※参照のこと。

※該当過去記事
初心者向け簡単な最適設定の組み方(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)
複数のツールで為替予想精度を上げる方法


この時点でリスクが大幅に下がって、資金的に余裕が出来れば
別の業者に移動可能な資金を移してポートフォリオを組める
し、
もし完全に資金を移動させるなら、上記の設定調整を随時行って
どんどんレンジを狭くして最終的に注文を解消させると良い。

で、問題はここから。今回の円高とその戻しのように
大きな変動となると、ある意味稼げるチャンスともなるのだが、
そういう場面では利益が出るがゆえに乗り換えを躊躇したり、
ポジションが増えて一時的に乗り換え困難な状態になる

というパターンもあると思う。

まず利益が出ている場合は、せっかくのチャンスなので
しばらく設定を置いておこうと思うところだが、今回の戻しのように
110円までは到達しないで戻ってきている場合は、少し調整して、
レンジを狭くしていく方向でポジションを減らすと良い


この場合、一時的に利益創出機会を逃すかもしれないが、
その分ぐらいはまた最適設定を組めば後で取り返せるし、
何より設定の自由度が高くなるほうが効率良く稼げるので
少し勿体ないと思いつつも、縮小させていくほうが良い。


一方でポジションが増えすぎてしまった場合。
これは身動きが取れない一番のパターンだが、
少しでもポジションが解消したときに、注文量を減らす、
あるいは新規注文を全て解除するなどして
ポジションの増減をなるべく減らしたい。

その上で含み損のみが一方的に増えそうな場合は
新規を解消した分を両建てに回すという方法もあるし、
連動しやすい通貨を使って別の通貨で、逆方向に注文を置き、
直接の両建てではないが、それに近い形でヘッジする

ということを行うと、ちょっと安心できる状態となるだろう。

この場合も含み損が解消していくにつれて、注文を減らしたり
値幅を変えたりして自由度を高める方向に調整することが重要
で、
そうすればすぐに別業者に移行したり、複数業者で回すのは無理でも
そのうち自由度が高くなり移行可能になってくる。

以前の連載記事でも何度か触れたが、設定の自由度の高さというか
資金に対する自分の行動の自由度の高さというのはとても重要
で、
設定を調整する手間をかけて最適設定を組んでいくことで、
どんな相場でも利益が効率良く出せる状態に持っていける。

あとは放ったらかしで稼ぎたいか、手間をかけても短期間で稼ぐか、
というところが個人によって違うので、そこは投資の方針だけれど、
どちらの場合も自由度が高い方が、業者の乗り換えも可能になるし
複数業者、複数通貨でのポートフォリオも簡単に組める
ので
今のように荒れている相場でポジションが重いなと思っている人は
良い機会として少し調整してみると良いかもしれない。

また未来予想ツール※などで、相場を読んでいくことによって
おなじ資金でもよりピンポイントで仕掛けることが出来る
し、
それによる効率アップは、放ったらかしの場合であっても
かなり効果があるので、やったことが無い人はやらないと損である。

※該当過去記事
複数のツールで為替予想精度を上げる方法
トラリピ、サイクル注文、ループイフダンのコツ。未来でなく過去を見よ?
ドル円円高予想節目118円回復も、長期的には円高105円台か(年始の記事)
4月円高暴落説は実現する?リーマンショック時と似たチャート
4月円高暴落説は実現する?その2。ドル円108円割れで105円
ドル円105円割れや豪ドル79円割れも・・4月円高暴落説その3
円高予想的中の週。今後はドル円105円、豪ドル79円、ポンド円150円?


調整方法などは過去の連載を参照のこと。

※該当過去記事
「トラリピの両建て設定は儲かるか?」
「トラリピ両建設定注意点。スワップのマイナス金利」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てアリ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てアリ編)」
ループイフダンでの両建ては有効か
両建てするならトラリピ or サイクル注文??
円高局面で儲かる最適設定(トラリピ、サイクル注文、ループイフダン共通)
円高時、短期間で儲かる設定再掲(トラリピ、サイクル注文、ループイフダン共通)
今回の円高で儲けられなかった人向け最適設定調整法
円高暴落からの反発狙いで稼ぐ最適設定(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通


★トラリピ&サイクル注文約定結果比較
(豪ドルのみ同設定(25銭間隔)で実践検証し、取引結果を公開中。
他は全てサイクル注文でポートフォリオを組んでいる)

<豪ドルトラリピ>
・79.53決済 +750円&スワップ金利39円
・79.78決済 +750円&スワップ金利39円
・80.03決済 +750円&スワップ金利39円
・80.28決済 +750円&スワップ金利39円
+3,156円

<豪ドルサイクル注文>
・79.53決済 +2,500円&スワップ金利140円
・79.78決済 +2,500円&スワップ金利140円
・80.03決済 +2,500円&スワップ金利140円
・80.28決済 +2,500円&スワップ金利140円
・80.03買い
・80.28決済 +2,500円
+13,060円

★トラリピ開始からの利益額
+2,709,432円

★サイクル注文開始からの利益額
+3,970,629円


ちなみにサイクル注文って何?という方は↓を。
自分はトラリピを長くやってきて、今サイクル注文と比較検証しているが、
この感じだと将来的にサイクル注文がメインになるのは間違いないと思っている。

★サイクル注文・iサイクル注文とは?100万が1年で127万!銀行に預けてたら損?

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2016-05-11 : ・トラリピの勝率を上げる手法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。