★今回の円高で儲けられなかった人向け最適設定調整法

FXトラリピ・サイクル注文・ループイフダン比較実践検証~1692日目~

先週の円高に対して戻しが入っている今週前半だが、
以前から円高時が最もトラリピ、サイクル注文、ループイフダンで儲かる、
と書いてきたのは、強い円高には戻しがつきものだからで、
円高時さえちゃんと維持率を確保できる設定にしておけば
円高ほど儲かる相場はないと言えるわけである。

なので、ある意味簡単に儲かりやすいパターンなのだが、
今回の円高で儲けられなかった人は、設定のどこが悪いか、
どこを調整すれば最適な設定となるかを、戻しているうちに確認し
今後再び大きな円高が来ればガッツリ儲けられるように
今のうちに設定調整をしておくと良いと思う。

今回はそういった人に向けた最適な設定調整法を記載する。


まず調整の前に円高時に儲けられない大きな原因として
強烈な円高に耐えられるだけの設定になっていない
という点が挙げられる。

特にレンジ相場で快適に稼げていたが、そのまま放っておいて
円高に対応出来ないというパターンで相談に来る人が多
い。

この場合、儲けられる最適設定にするのは比較的簡単で、
まず設定を解除するとともに、ツールを使って※、
今後の暴落目処を日足で出し、その最安値まで、
1,000通貨単位で資金量に合わせて注文を均等配置

というシミュレーションを行う。まだここでは注文を入れない。
そしてこれを土台として次の段階へ。


初心者向け簡単な最適設定の組み方(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)
トラリピ・サイクル注文を効率化。勝率を上げる方法


次は、均等配置した値幅が10銭から30銭の間になった場合
これは通貨にもよって少し事情は変わるが、資金をベースにしているので、
この値幅で均等配置出来た人は、一旦それで注文を入れて良い

一方10銭未満の場合、資金的に余裕があると言えるので、
10銭で設定して、残りの余裕は今後に取っておく

さらに30銭を超えた場合、資金的にはややキツいので、
上記のツールで複数の通貨の暴落目処を出してみて、
30銭以下に収まるものがあるかチェック
する。

そして収まるものがあればその通貨を選択。
無ければ、少し効率は落ちるが、30銭から50銭で
収まる通貨があるかをチェックして、あればそれを選択。

それでも無ければ、50銭から70銭という段階となるが、
こうなると正直資金に対する効率が結構落ちるし、
値幅が広がると一見安全なようで、実はポジションが残りやすく、
その割りに利益は頻繁に出ないので、良い設定とは言えない


こういう場合は、手間はかかるけれど、円高暴落するのを待ち、
頭としっぽをスルーするようなイメージで、暴落前の水準と
日足レベルの暴落目処の上下を1円ずつカットしていくと良い。

例えば、現状ある通貨の相場が100円だとして、
日足の暴落目処が90円という場合、設定を99円から91円、
という水準に限定して、上記の値幅に収まるかチェックする。

それでも収まらなければ98円から92円といった感じで
少しずつ狭くしていくことで、注文が約定しない期間は発生するが、
リスクは抑えながら、効率的に暴落で儲かるような設定
を組める。


まあこういった設定が必要な人は、それほど経験が無かったり、
ということが多いので今回は両建てや複数通貨については
書かなかったが、もし両建てにチャレンジしてみたいとか、
複数通貨でポートフォリオを組みたいということがあれば
以前書いた下記の連載※を見てもらうと良いだろう。

現在のように戻した相場では、利益がしっかり出ているだけに
油断してしまいがちだが、ここでしっかり兜の緒を締めて、
次の展開への準備が出来ているかどうかで、トラリピ、
サイクル注文、ループイフダンで効率的に儲けられるか、
というところに差が出てくると思う。

※最近の連載は下記
「トラリピの両建て設定は儲かるか?」
「トラリピ両建設定注意点。スワップのマイナス金利」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てアリ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てアリ編)」
ループイフダンでの両建ては有効か
両建てするならトラリピ or サイクル注文??
アイネットFXオートチャーティスト活用法
アイネットFXオートチャーティストをトラリピ、サイクル注文、ループイフダンに活用する方法
アイネットFXオートチャーティストをリピート注文に活用する方法(第2回)
アイネットFXオートチャーティストをリピート注文に活用する方法(第3回)
初心者向け簡単な最適設定の組み方(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)
複数のツールで為替予想精度を上げる方法
マイナス金利時代の資産運用
トラリピ、サイクル注文、ループイフダンのコツ。未来でなく過去を見よ?
トラリピで避けたい失敗パターン(サイクル注文、ループイフダン共通)
トラリピ、サイクル注文、ループイフダンで思わず勝ってしまった場合(うまく運用できた場合)


★トラリピ&サイクル注文約定結果比較
(豪ドルのみ同設定(25銭間隔)で実践検証し、取引結果を公開中。
他は全てサイクル注文でポートフォリオを組んでいる)

<豪ドルトラリピ>
・82.03買い
・82.28決済 +750円
・82.53決済 +750円&スワップ金利55円
・82.78決済 +750円&スワップ金利55円
・83.03決済 +750円&スワップ金利55円
・82.78買い
・83.03決済 +750円
・83.28決済 +750円&スワップ金利55円
+4,720円

<豪ドルサイクル注文>
・82.28決済 +2,500円&スワップ金利40円
・82.53決済 +2,500円&スワップ金利200円
・82.78決済 +2,500円&スワップ金利200円
・83.03決済 +2,500円&スワップ金利200円
・82.78買い
・83.03決済 +2,500円
・83.28決済 +2,500円&スワップ金利200円
+15,840円

★トラリピ開始からの利益額
+2,673,451円

★サイクル注文開始からの利益額
+3,774,764円


ちなみにサイクル注文って何?という方は↓を。
自分はトラリピを長くやってきて、今サイクル注文と比較検証しているが、
この感じだと将来的にサイクル注文がメインになるのは間違いないと思っている。

★サイクル注文・iサイクル注文とは?100万が1年で127万!銀行に預けてたら損?

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2016-04-13 : ・トラリピの勝率を上げる手法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。