★円高時、短期間で儲かる設定再掲(トラリピ、サイクル注文、ループイフダン共通)

FXトラリピ・サイクル注文・ループイフダン比較実践検証~1692日目~

随分前に円高時限定で仕掛けて儲かるトラリピ設定について
記事にしたことがあったが、週末「例の設定で儲かりました!」と
4人の方から連絡があったので、サイクル注文やループイフダンも加わり
より幅広くポートフォリオを組めるようになった現在に合わせて
円高時限定、短期間で儲かる設定を再掲する。

トラリピもサイクル注文もループイフダンも、
基本的には含み損ありきの投資方法であり、
日本人の多くは「安く買って高く売る」みたいな
商品の仕入れと販売に近い発想をするようなので
ドル円クロス円でも、多くの人が下がったら買い、
上がったら決済というパターンで設定を組みやすい


でも、期間限定で良いから圧倒的にリスクが低く、
短期間で儲かる設定というのは、実は売りから入る設定
である。


何年も前に書いていた設定を、実際にやっていてくれた、
というだけで嬉しいのだが、普段資金を暖めていて
短期間だけ勝負して後はまた静観できるという
精神的に「待てる人」であればオススメする設定は
ズバリ、ポンド円円高狙い、10銭間隔売り設定
である。

この設定、もちろんその人の資金量によって
微妙に調整する必要が出てくるわけだけれど、
売りから入り、10銭間隔で配置するところは共通で
重要なのがタイミングと損切りの設定
である。

タイミングは、その日、あるいは前日NY市場から
ポンド円が下落し、値幅が1円を超えた場合、
かつキリ目(例えば150円とか、151円とか、152円とか)
を割り込んだ場合、かつ、値幅が2円を超えていない場合


この条件が揃ったときだけに、キリ目より下の水準に
売りから入る10銭間隔設定を入れる


こうすると、既に経験がある人はわかると思うが、
少し戻してキリ目手前で反発下落するパターンで
新規が約定し、そのまま決済へと至る。

一方でキリ目を再び超えれば新規のみ約定するので
そうなった場合に損切りするように設定を入れておく。

また、新規が約定して決済へと至った場合、
そのまま下落し続ければ、それ以降の新規が約定しない。
なので下がった水準にあわせて再びキリ目までの設定を組む。


というように、結構手間がかかる方法ではあるのだが、
普段の相場を静観できて、動いたら時間をかけられる、
という人にとっては、ピンポイントで稼ぎにいけるパターン
で、
しかもポジションはキリ目以下なら残り、超えれば残らないので
そこでリスクは限定することが出来る。

ちなみに損切りがどうしてもできない、という精神的抵抗がある人は
リスクがあるのでこの方法はやめておくべき。

また深追いを防ぐために2円の値幅がその日に達成されていれば
それ以上は追いかけないという、ポンド円の過去変動を踏まえ
動いた時だけ設定を組む
というわけである。


で、ここまで読んで、経験者であればまた気付いたと思う。
「それならデイトレやスキャルで良いんじゃないの?」と。

実際その通りだと思うw

ただ、サラリーマンの方で、ずっと相場は見てられないので
デイトレやスキャルは難しいけれど、昼休みとか、仕事の合間に
サっと仕掛けるぐらいの時間はある、という人にとっては
意外とこの方法が有効
で、基本を頭に入れて置くだけで、
攻めるべき相場はすぐわかるし、わかったら仕掛けて
あとは放置、その後次に合間が出来たときなどに再度確認し、
調整が必要なら実行するだけである。

またこの方法がデイトレやスキャルよりも良い点は、
既にトラリピやサイクル注文、ループイフダンで
ポートフォリオを組んで運用している場合、
まずは全体の設定を微調整して最適設定を作り、
安定的に稼げる状態を土台として作っておき、
その上で短期間で設ける設定を回す
、という感じで
日常稼ぐものと短期で稼ぐものを組み合わせることで
より資金に対する効率を上げることが出来る点にある。

さらに最適設定の段階で両建てや複数通貨での運用、
守備的な運用※をしている人であればなおさら、
こういう場面で資金を有効に活用できるのでオススメである。

週末にこの方法で儲かったという連絡が来たこともあり
最近の連載※では色んな調整での最適設定、
最強設定への道筋を書いたこともあって、
ちょうど良いとおもって再掲した。参考になれば嬉しい。

※最近の連載は下記
「トラリピの両建て設定は儲かるか?」
「トラリピ両建設定注意点。スワップのマイナス金利」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てナシ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(攻撃的・両建てアリ編)」
「複数通貨でのリスクヘッジとポートフォリオ構築(守備的・両建てアリ編)」
ループイフダンでの両建ては有効か
両建てするならトラリピ or サイクル注文??
アイネットFXオートチャーティスト活用法
アイネットFXオートチャーティストをトラリピ、サイクル注文、ループイフダンに活用する方法
アイネットFXオートチャーティストをリピート注文に活用する方法(第2回)
アイネットFXオートチャーティストをリピート注文に活用する方法(第3回)
初心者向け簡単な最適設定の組み方(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)
複数のツールで為替予想精度を上げる方法
マイナス金利時代の資産運用
トラリピ、サイクル注文、ループイフダンのコツ。未来でなく過去を見よ?
トラリピで避けたい失敗パターン(サイクル注文、ループイフダン共通)
トラリピ、サイクル注文、ループイフダンで思わず勝ってしまった場合(うまく運用できた場合)


★トラリピ&サイクル注文約定結果比較
(豪ドルのみ同設定(25銭間隔)で実践検証し、取引結果を公開中。
他は全てサイクル注文でポートフォリオを組んでいる)

<豪ドルトラリピ>
・81.53買い
・81.28買い
・81.53決済 +750円
・81.78決済 +750円
・82.03決済 +750円&スワップ金利33円
・82.28決済 +750円&スワップ金利33円
+3,066円

<豪ドルサイクル注文>
・81.53買い
・81.28買い
・81.53決済 +2,500円
・81.78決済 +2,500円
・81.53買い
・81.28買い
・81.53決済 +2,500円
・81.78決済 +2,500円
・82.03決済 +2,500円&スワップ金利120円
・82.28決済 +2,500円&スワップ金利120円
・82.03買い
+15,240円

★トラリピ開始からの利益額
+2,668,731円

★サイクル注文開始からの利益額
+3,758,924円


ちなみにサイクル注文って何?という方は↓を。
自分はトラリピを長くやってきて、今サイクル注文と比較検証しているが、
この感じだと将来的にサイクル注文がメインになるのは間違いないと思っている。

★サイクル注文・iサイクル注文とは?100万が1年で127万!銀行に預けてたら損?

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2016-04-12 : ・トラリピの勝率を上げる手法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。