★初心者向け簡単な最適設定の組み方(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)

FXトラリピ・サイクル注文・ループイフダン比較実践検証~1681日目~

ここのところ両建てやツールに関する連載をしていたら、
「初心者なんですが簡単に最適設定で回したい」
というような質問がいくつか来ていたので記事にする。

別に初心者の方でなくても、あまり手間をかけずに
放ったらかしで儲けたいという人も多いと思うし、
分析とか難しい方法はイヤだ、という人もいると思うので
これまで紹介してきたツールを使って労力を減らし、
最適設定を作っていくやり方を紹介する。

★ 初心者向け簡単な最適設定の組み方
(トラリピ・サイクル注文・ループイフダン共通)


まず絶対に確保したいのは安全性
最適設定の定義が人によって異なってくる部分もあるが、
今回のようになるべく簡単に、労力をかけずに最適設定をという場合、
相場の変動に合わせて設定を調整する手間も面倒だと思うので
安全性を最重要視して、その上でどの水準まで利益を求めるか
という点を考えて行くと良いと思う。


ということで今回はブログでも良く出しているこのツール、
FXプライム by GMOの「ぱっと見テクニカル」を活用する。

prime20160324s.jpg

言わずと知れたFXツールの代表格、有名すぎるツールで、
使い方も人それぞれだが、デイトレやスキャルに使おうと思えば
短い時間軸で自分の予想とセットで使うと勝率や利益率の向上が図れるし、
下手にテクニカル分析をするより、形状比較分析で過去の膨大なデータから
算出された予想を見るほうが当たるという人も多いかもしれない。

このツールをトラリピやサイクル注文、ループイフダンに活用すれば、
初心者で知識や経験が無くても、過去の膨大なデータから算出された
未来の予想を見て、どの程度まで下落(上昇)する余地があるか、
というところを参考に最適設定を組んでいくことが可能
となる。

ではどのように活用すれば最適設定に近づけるかだが、
まずある程度長めの日足を表示させてドル円の予測を見てみると、

(上記と同じ画像・クリックで拡大)
prime20160324s.jpg

第1近似から第3近似まで、確率の高い方から順に、
過去の相場で実際にあったチャートパターンが表示されている。

今回の場合第一近似は円安方向、第二第三近似は円高方向と、
方向が分かれているが、まず参考にしたいのは高値安値。
今回の場合高値は120円を超えたところ、安値は103円付近である。

過去のパターンから算出された未来予想で、一致率も変わるので、
ピンポイントで的中するというものではないが、節目を参考にする、
という限りではかなり使えるツール
で、自分でカーソルを動かして
チャートでトレンドが変わっているところなどに合わせていくと
その他の重要節目もわかるし、自分も長い間使っているが
結構現在の相場でも当てはまる節目に来ていることが多いのである。

なので初心者の方が最適設定を組みたいという場合も、
まずはどこまで下落(上昇)したら危険な水準になるのか、
ロスカットされてしまうのかというところが気になると思うので
まずは日足でツールの状態を見て、高値安値をチェックし、
自分の資金量で、最低注文量の1000通貨単位の場合、
現時点で何銭間隔なら安全かという計算
をすると良い。

当然資金量が多いと注文値幅は狭くても最適設定が組めるし、
値幅が狭いと利益創出回数も多いため証拠金も速く増え、
安全性も上がっていき、微調整すれば最強設定ともなりうる。

一方資金量が少ないと値幅は広くとったほうが安全性は確保できるが
その分利益創出回数は減るため証拠金の増えるペースは遅く、
ある程度まったりと稼いでいくという意識が必要になるし、
この場合は「銀行に預けてるよりは十分良いや」というぐらいの
気持ちで運用したほうが幸せになれるかもしれない。

ちなみにぱっと見テクニカルで日足をチェックした場合、
可能なら1週間か2週間、最低でも1ヶ月に1回程度はチェックしなおして
以前と予想がどの程度変わっているかを見ていくと良い
だろう。

日足なので1時間足ほどの変化はないが、多少の変化は出るし、
それによってギリギリの設定なら少し注文値幅を広げたり
事前に安全性を確保する対処が可能となる
し、また元に戻れば
値幅を狭くして効率を高めれば良い
だけの話である。

「それでも心配だ」とか「銀行より良ければ十分なので、
もっと放ったらかしにしておきたい」
という方であれば、
週足のチャートを表示させてみると良いだろう。

(クリックで拡大)
prime20160324as.jpg

これだと96円台までの示唆があるわけだが、
週足だと2年先ぐらいまでの表示になるので
かなり幅広く見ることができるし、これぐらいの幅で
余裕を持っておけば十分放ったらかしにできる


自分としては、これだけ幅を持たせるのはラクだけれど、
ちょっとロスも多いので最適設定というにはちょっと・・
と思ったりもするが「放ったらかして銀行より良ければ」
という人にとっては最適設定
なわけで、ここは人それぞれだろう。

ちなみにこのチャート上でも、例えば105円付近など
値動きが反転しやすいところなどが見られるが
こういうところも節目になることが多いのでおぼえておくと良い。

ということで今回は初心者の方でも簡単に最適設定を、
とか、放ったらかしで銀行より良ければ良いので簡単に設定を、
という方向けのやり方を書いてみた。

他にも同じツールを使って色んな設定を組む方法があるが、
そのあたりはまた質問の多いものから記事にしていこうと思う。


ちなみにこのFXプライム by GMOの「ぱっと見テクニカル」
入金しなくても使えるので口座開設すればそれだけでOK。

使い勝手が簡単だから、このツールがあるだけで
トラリピやサイクル注文、ループイフダンで困ってる方、
これから始めたい方には相場が前々違うものに見えると思うし、
まだ使ったことがない人は使わないと損だと思う。

★★使わないと損!不動の人気ツール「ぱっと見テクニカル」
詳細はこちら→https://www.fxprime.com/



★トラリピ&サイクル注文約定結果比較
(豪ドルのみ同設定(25銭間隔)で実践検証し、取引結果を公開中。
他は全てサイクル注文でポートフォリオを組んでいる)

<豪ドルトラリピ>
・85.28買い
・85.03買い
・84.78買い

<豪ドルサイクル注文>
・85.78決済 +2,500円&スワップ金利270円
・85.53買い
・85.28買い
・85.53決済 +2,500円
・85.28買い
・85.03買い
・84.78買い
+5,270円

★トラリピ開始からの利益額
+2,643,821円

★サイクル注文開始からの利益額
+3,655,339円


ちなみにサイクル注文って何?という方は↓を。
自分はトラリピを長くやってきて、今サイクル注文と比較検証しているが、
この感じだと将来的にサイクル注文がメインになるのは間違いないと思っている。

★サイクル注文・iサイクル注文とは?100万が1年で127万!銀行に預けてたら損?

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2016-03-24 : ・トラリピ値幅設定方法と考え方 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。