スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

★トラリピとサイクル注文、暴落時の挙動比較検証第2回

FXトラリピ&サイクル注文比較実践検証~1353日目~

★トラリピ&サイクル注文約定結果
<トラリピ(香港ドル)>
・15.17買い
・15.12買い
・15.07買い
・15.02買い
・14.97買い
・15.07決済 +1,000円
・15.12決済 +1,000円
+2,000円

<トラリピ(豪ドル)>
・96.53買い
・96.28買い
・96.03買い
・96.28決済 +750円
・96.03買い
・95.78買い
・95.53買い
・95.78決済 +750円
・96.03決済 +750円
・96.28決済 +750円
・96.53決済 +750円
・96.28買い
・96.03買い
+3,750円

<サイクル注文(豪ドル)>
・96.53買い
・96.28買い
・96.03買い
・96.28決済 +2,500円
・96.03買い
・96.28決済 +2,500円
・96.03買い
・95.78買い
・95.53買い
・95.78決済 +2,500円
・95.53買い
・95.78決済 +2,500円
・96.03決済 +2,500円
・96.28決済 +2,500円
・96.53決済 +2,500円
・96.28買い
・96.03買い
+17,500円

★トラリピ開始からの利益額
+1,926,043円

★サイクル注文開始からの利益額
+176,440円

★トラリピ雑感
火曜は夕方から夜にかけてまた円高の動きが出て、
その後戻すというトラリピやサイクル注文には理想的な流れとなったので、
暴落時のトラリピとサイクル注文の挙動を比較検証をする上では良い相場となった。

豪ドルトラリピ25銭間隔設定では新規8本決済5本、
ポジション増は3本分、利益増は5本分となっているのに対し、
同じ設定位置の豪ドルサイクル注文では新規10本決済7本と、
ポジション増はトラリピと同じく3本分、しかし利益増は7本分。

比較すると、暴落時とその後の戻しでも、同じようにポジションは増えるけれど、
手数料がスプレッドに乗らない分、サイクル注文のほうが決済回数が多く、
その決済が多い分が利益として証拠金に上乗せされることになるので、
同じ下落時でも証拠金維持率はサイクル注文のほうがトラリピに比較して高く、
安全性も高いというのが今回の円高でも確認できた。



また相場は今日再びドル円が117円台に戻す動きも見られ、
昨日115円台に入ったあとは戻しているが、これは年末特有の挙動でもあり、
節目としてはこれまで中長期予想※の結果として書いているように、
118円を割った段階で114円、110円と見えてくるのでまだ警戒は必要である。

※トラリピの中長期予測に使うツール。
 GMOクリック証券のプラチナチャートで、
 平均足分析を日足とかで見るとわかりやすい。
 連続して日足が悪いと売りパターン確定である。

→プラチナチャート詳細
(口座を持ってればタダで使えるので持っとくと良いと思う)


あとはFOMCが流れを変える可能性があるので、
そこで戻した場合は、円安予想節目である118円、120円、122円が見えるが、
まずは118円を回復しないことには上も見えないので、FOMC後の動きで、
上下どちらの節目をつけに行くかをしっかり見ておきたい。

そして豪ドルは円高予想節目が96円台のゾーン、93円、91円、
円安予想節目が100円、102円、105円と書いていたわけだが、
昨日96円台を割り込んでいるので、今日明日で戻せなければ、
次は93円、91円を目指すことになる。

しかしまだ早めに戻せば96円台から100円のレンジに戻れる位置にあるので、
今日明日の動きが今後の相場を見る上で重要となる。


いずれにしてもこの時期は過去5年間毎年トラリピ最大の稼ぎ時になっており、
今年もここまでかなり良いペースで稼げているし、
豪ドルも、香港ドル、そして豪ドルサイクル注文においても、
良い感じで今年を締めくくれそうである。

これだけ効率的に約定しても、設定さえ最初に完璧にすれば
勝手に自動売買にまかせて、仕事終わりや休日が自由になって
余暇を楽しむ余裕で人生が楽しくなるというのが
トラリピやサイクル注文の大きな副産物だなと改めて思う。

昔はパソコンに毎日向かって暗い気持ちでいたものだが(笑)
今は飲み→skyspaで平日も毎日健康的だし、
何より飲み会が多いこの時期はありがたい。

この調子でいけば今年の稼ぎ時は年末年始で終わらず、
さらに春頃まで続きそうな感じになっているので
これからトラリピやサイクル注文を始める方も多いと思うが、
自分がやっている豪ドルの25銭間隔設定で行う場合にも、
最初は荒れやすい時期を経る可能性が高いので
少し安全重視に設定しておけば、安心して稼げると思う。

またサイクル注文って何?という方は↓を。
自分はトラリピを長くやってきて、今サイクル注文もやっているが、
この感じだとサイクル注文がメインになりそうかなと思っている。

★iサイクル注文とは?

i初心者向けの機能満載のリピート投資という感じで、
自分の「資金量」を入力し、「変動想定幅」を期間で選択するか、
自分で入力するだけで、最適な注文量、注文値幅、損切り位置を
勝手に計算してくれるというお任せの自動売買である。

要は、「下がれば買い、上がれば売り、下がり過ぎで損切り」
という、相場で利益を得るための当たり前の行動を自動化したわけである。

(↓クリックで拡大)
cycle001s.jpg


★もし想定したレンジを外れたらどうなるか?
サイクル注文は自分で設定を変更する必要があるのに対し、
iサイクル注文は設定レンジを外れた場合も自動追従なので
これも何もしなくても勝手に変動に合わせて稼いでくれる。


★注文方法は?
外為オンライン口座を作って、新規注文の選択肢の中にある
「iサイクル注文」を選べばそれでOK。1,000通貨単位からも可能。

その後 「買い」か「売り」かを選択すれば、変動幅も勝手に計算されるが、
ここは自分で決めることも可能なので、自分で決めたい場合はそれでも良い。

最後に取引したい金額、つまり投入資金のうち、どれだけを使うか、
という金額を入れれば、後は最適な注文値幅などをシステムが計算し、
自動的にやってくれるというわけである。


★現在なら無料おためしキャンペーン実施中。

「外為オンラインのiサイクル注文」は、無料おためしキャンペーンもしているので、
トラリピは難しいかなと思っていた初心者の方は、iサイクル注文で始めてみて、
その上で自分で色々設定できそうだなと思ったらまずサイクル注文、
さらにトラリピと進むのも良いと思う。

cycle004.jpg

初心者でも簡単!無料おためしキャンペーン実施中!
iサイクル注文・サイクル注文詳細

>>http://www.gaitameonline.com/icycle/



★現在のサイクル注文設定
<豪ドル>
・1万通貨で運用
・101.53円から25銭(0.25円)ずつ買い下がり
・2,500円で利確

→★トラリピとiサイクル注文・サイクル注文の違いとは?サイクル注文比較検証開始




★現在のトラリピ設定
<香港ドル>
・1万通貨で運用
・15.02円から0.05円ずつ買い下がり
・1000円で利確

→★なぜ香港ドル?利益率No.1!口座保有者の74%が儲けている


<豪ドル>
・3000通貨で運用
・105.28から25銭(0.25円)ずつ買い下がり
・1000通貨あたり250円で利確(1回あたり《3,000通貨で》750円)

→★豪ドルトラリピ運用者の81%が儲けている!最強設定は豪ドルか



★トラリピ始めたいけどどうやったらいいの?
という方に。このブログからの申し込み限定で
JTBギフト3000円&Kindle Fire HD 7 タブレット、
「FXトラリピ」の教科書等をプレゼント
→過去記事


口座保有者の74%が儲けているトラリピ!まだ始めてない人は必見!↓
2010年1月22日特許取得の「トラップリピートイフダン」
toraripitokkyo.jpg

http://www.m2j.co.jp/



初心者、トラリピ経験者それぞれに有利!
iサイクル注文・サイクル注文詳細。5,000円キャッシュバックも実施中


cycle004.jpg

>>http://www.gaitameonline.com/icycle/

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2014-12-17 : ・FXトラリピ・サイクル注文比較実践検証 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。