スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

★香港ドルトラリピ全決済後追加注文。「サイクル注文」比較検証開始

FXトラリピ実践検証~1389日目~

★トラリピ約定結果
<豪ドルトラリピ>
・100.53買い
・100.28買い
・100.53決済 +750円

<香港ドルトラリピ>
・14.92買い

★トラリピ利益
+1,826,938円

★トラリピ雑感
水曜は衆院解散報道からの円安も一服し、トラリピは豪ドルで新規2本決済1本、
香港ドルトラリピでは前日のポジション全決済を受けて追加した注文が約定。

今回の衆院解散報道については、菅官房長官がありえないと一蹴したり、
黒田日銀総裁も、来年の再増税を念頭に10月に追加緩和に踏み切ったと述べているが、
そうかと思えば総選挙に向けて準備を、という話も見られたりしているので、
今後年末に向けてまだこの手の材料による波乱は続きそうである。

また昨日は外為オンラインのサイクル注文による運用も開始。
これは先日リリースされてから色々事前検証していたものであるが、
トラリピとほとんど同じように運用できる点に加え、初心者でも簡単なように、
iサイクル注文を使えば資金と値幅設定のみで勝手に計算してくれたり、
手数料が安くコスト削減による利益増が見込めたりという要素があるので、
しばらくトラリピと平行して運用して、比較検証してみることにした次第である。


ちなみに今回は「iサイクル注文」と「サイクル注文」という2種類があるのだが、
まずiサイクル注文に関しては、初心者向けの機能満載のリピート投資という感じで、
自分の「資金量」を入力し、「変動想定幅」を期間で選択するか、自分で入力するだけで、
あとは最適な注文量、注文値幅、損切り位置を勝手に計算してくる優れもの。

しかも相場が上昇したらそのまま設定を上にスライド、下落したら下にスライド、
という具合で、勝手に変動に合わせて設定位置まで調整してくれるので、
正直最初に入力すれば後は全て自動的にやってくれる便利なものである。

(↓クリックで拡大)
cycle001s.jpg



また「サイクル注文」に関しては、少し自分で調整する余地がある投資方法で、
同じようにリピートするのだけれど、損切り注文は設定されない。
また上下の変動に合わせて、設定位置を自動スライドすることもないので、
損切りせずに、なおかつ相場の変動に合わせて、設定を追加したり、
ということを自分で行う場合は「サイクル注文」が適している。

(↓クリックで拡大)
cycle002s.jpg


そのためある程度トラリピになれていて、豪ドルトラリピ25銭間隔設定や、
香港ドルトラリピ5銭間隔設定※のように、効率性と利益率に優れた設定を
そのまま「サイクル注文」でやってみたいなという人には向いているし、
自分もこちらで比較検証していこうと思っている。

※トラリピについては下記や日々の記事参照
→★なぜ香港ドル?利益率No.1!口座保有者の74%が儲けている
→★豪ドルトラリピ運用者の81%が儲けている!最強設定は豪ドルか


ちなみに利点としてコストの面でも大きな違いがあって、
サイクル注文、iサイクル注文はドル円往復1万通貨で500円。
トラリピの半分であるし、現在は手数料無料なので、
同じような設定で回すならこのコスト分が利益になるということである。

20150519.jpg



もっとも、「せま割」を使えばという話が出てくると思うのだけれど、
以前から書いているように「せま割」にこだわりすぎた結果、
そもそもの設定値幅や注文量という最も重要な要素をないがしろにして
不利な運用になってしまうという可能性があるだけに、個人的にはあまり考えず、
ちゃんと値幅、注文量、資金量でリスク管理をすべきだと思っている。

なので「サイクル注文」であれば、これらのリスク管理を行いつつ、
単純に手数料分が浮くという点で有利だなと思っており、
口座開設キャンペーンで5,000円キャッシュバックもあるので、
これは美味しいと思ってサイクル注文とトラリピの比較検証をする次第である。

あとはトラリピはちょっと色々最初に考えて設定を決めるのが難しいな・・
と思って始めることが出来なかった初心者の方は、iサイクル注文で始めてみて、
その上で自分で色々設定できそうだなと思ったらまずサイクル注文、
さらにトラリピと進むのも良い方法かもしれない。

自分は豪ドル25銭間隔設定で比較検証するほか、ユーロドル、
ドル円、ユーロ円、ポンド円で10銭間隔を実行する予定で、
これはトラリピではリスクが高かった設定なのだが、
サイクル注文では計算上リスクと利益のバランスが取れて、
しかも利益で証拠金が増える分、安全性も確保できるので、
これらを実行してみて、また日々の記事で結果を書いていく予定。

さらに1ヶ月ごとぐらいに、右サイドバーに掲載予定である。

cycle004.jpg

初心者、トラリピ経験者それぞれに有利!
iサイクル注文・サイクル注文詳細

>>http://www.gaitameonline.com/icycle/

バイナリーオプション実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ


2014-11-13 : ・FXトラリピ・サイクル注文比較実践検証 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

アクセスが多い記事まとめ

トラリピ実践検証ブログ内検索

シストレ実践検証評価も実行中

★ポートフォリオでストラテジー運用中
→シストレ実践検証評価ブログ

バイナリーオプションも実践検証中

★実行日のみ更新。BO実践検証結果はこちら
→バイナリーオプション実践検証評価ブログ

トラリピ研究者プロフィール

Author:FXトラリピ研究者
上がっても下がっても確実に勝つ
という無さそうであり得る状態目指し
香港ドルと豪ドルの2通貨で、
トラリピ実践検証中デス。

ポンド、ユーロ、ドル、豪ドル、
などもエクセルで計算したけれど、
この2通貨に勝るものはない。多分。

→超安全志向香港ドルトラリピ設定
→トラリピ最強設定豪ドルトラリピ

退場確率がかなり低いトラリピ設定を
徹底的に実践検証評価します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。